フリーダイヤル【受付時間】10:00〜22:00 0120-777-463

生きている意味

教師と先生のイメージ
HOME勉強コラム生きている意味

こんにちは。

家庭教師の銀河の高倉です。

いつも、私の記事を読んで頂き、誠にありがとうございます。

世間では、まだまだコロナの影響が出ていますが、コロナに負けず頑張りましょう。

さて、早速本題に入ろうと思います。

今回は「子供の頃、生きることについて考えさせられた」というお話をしようと思います。

私が小学2年の頃の話ですが、母方の曽祖母が86歳でこの世を去りました。

曽祖母が病院で息を引き取るを見届け、お通夜, 葬儀までのすべてを幼いながらに経験をしました。

そして、葬儀の日に、私が子供の頃にトラウマになった出来事が起こります。

その出来事とは、「いつか人間は必ず死ぬ」ということを名も知らないおじさんから聞いたのです。

当時、小学校2年生だった私は、おじさんにこのようなことを尋ねてみました。

「なあ、おっちゃん。人間って絶対に最後に死ぬの?」

おじさんは「必ず死ぬ」と答えました。

もう一度、私は訪ねてみました。

「たくさんご飯を食べて、たくさん運動をして、元気いっぱいでも死んでしまうの?」

おじさんは「それでも死ぬ」と私に言いました。

「そっか。必ず人間は最後に死ぬのか」と思ったのですが、その直後、とてつもない恐怖に襲われました。

「死ぬ時って苦しいのかな?」とおじさんに聞いたところ、
「それは、おじさんにも分からん。」と言われました。

私は「苦しくないよ」と答えて欲しかったのですが、おじさんは私の期待通りの答えを返してくれませんでした。

この時のことがトラウマになり、「死に対する恐怖」を子供の頃はずっと考えていました。

そして、私が中学生になった時に、担任の先生に子供の頃のトラウマを言ってみたら、「死ぬのは高倉くんだけじゃなくて、先生も含み、みんな最後には死ぬ運命なんだよ。だから、生きている間に自分のやりたいことをやりなさい。」と担任の先生に言われました。

中学生の頃の私は、勉強はできない、スポーツもやっていない、何のための人生なんだろ?と常に疑問を持ちながら過ごしていたので、この先生の言ってたことに対して、更に疑問を持ちました。

自分は勉強もできない、スポーツも嫌い、学校も嫌い、モテない笑

こんな自分のやりたいことって一体なんなんだろうと。

答えは大人になるまで出ませんでした。

それから、月日が経ち、自分のやりたいことはなんなんだろう?ともう一度問いかけた時に、答えが出ました。

教育に携わることがしたいと。

「教育」という言葉の意味は深く、勉強だけが教育じゃない。

子供にせよ、大人にせよ、何歳になろうが、生きていくうえで必ず教育が絡んでくる。

「教育」というのは、永遠のテーマです。

教育業界にいる私ですが、私もまだまだ教育を受ける立場なので、私は自分の人生を終えるまで、一生勉強をしていこうと思います。

勉強をするというのは、色んな意味で人生の選択肢が広がるので、まだまだ人生は長いので、選択肢を広げていこうと思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

よろしければ、また次回の記事も読んで頂けると嬉しいです。

それではまた。